MENU
インスタグラム

耳のお悩み|形成外科・リンパ浮腫 LSクリニック 大阪梅田

耳のお悩み

耳の変形には「立ち耳」「副耳」「埋没耳」「折れ耳」「耳垂裂」など様々なものがあります。

生まれてすぐの赤ちゃんの場合は矯正器具やテーピングなどで正常な形を目指します。

(当院では矯正器具による子どもの耳矯正はおこなっておりません。)

成人の場合、手術による矯正をおこないます。先天性のものなど保険診療となる場合がございます。

耳の変形でお悩みの方は、ぜひ当院にご相談ください。

 

立ち耳

立ち耳とは耳介が側頭面から離れ、耳が正面を向いている様に見える耳のことです。
側頭部と耳介の角度が30度以上の場合 保険適応となります。

【原因】

対耳輪と言われる軟骨の発達が不十分で曲がりが弱いために耳が前を向いてします。

【症状】

・マスクや眼鏡がかけられない。
・顔が大きく見える。
・耳のせいで髪型が制限される。
・ヘッドホンを装着すると痛みがある。

費用

保険適応 3割負担の場合
※別途診察料、検査代、薬剤費用などがかかります。

軟骨形成を要さないもの 片耳  30,000円程度
軟骨形成を要するもの 片耳  60,000円程度

 

耳垂裂(切れた耳たぶ)

耳たぶが裂けてしまった状態です。
「耳切れ」「切れ耳」と呼ばれることがあります。

【原因】

先天的な耳垂裂もありますが、けがなどにより起こる後天的なものがほとんどです。
後天的なものの多くは、装着中のピアスを何かに引っ掛けてしまう、重いピアスによりピアス穴が広がってしまった結果、耳たぶが裂けてしまうなどのケースです。

【症状】

自然に治ることはありません。
ピアスやケガによる耳垂裂の場合は、放置していると細菌感染を引き起こす可能性があります。お早めに形成外科の受診をお勧めします。

保険適用は先天性のもののみになります。

費用

保険適応 3割負担の場合
※別途診察料、検査代、薬剤費用などがかかります。

先天性耳垂裂 片耳 30,000円程度